東京ウツウツガール

うつうつ&過食上等!AC上等!
タメずに吐き出せ、果てしなきたわごと。
過去記事も含めコメント歓迎☆

2008.11.03 Monday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


time◆
author◆スポンサードリンク
category◆-
-
-

2006.08.09 Wednesday


家出。

ついに、生まれて初めての家出をしてしまった。

父親と口論の末、行き先も告げずに泣きながら家を飛び出した私。
もう、限界だった・・・。

今、友達の家でお世話になっている。

弟達には連絡しておいた。
長弟は、
「もう家に帰らない方が私のためだ。あの親では無理だ。」と言った。
次弟は、
「一人暮らしをしているので、いつでも泊まりにきて、
居座ってくれてよい。」と言ってくれた。
二人共、口を揃えて「金なら貸すから心配するな。」と言ってくれた。

私は彼らと話しながら、電話越しで嗚咽した。

両親は私の居場所を知らない。
携帯に留守電やメールが入っていたが、私は無視した。

これが、私が家を出る良い頃合いなのか・・・?
結局、解り合うことは不可能だったのか・・・。

ただただ悲しく、そして悔しい・・・。

【只今のウツウツ度】冷や汗冷や汗冷や汗

2008.11.03 Monday
スポンサーサイト


time◆03:53
author◆スポンサードリンク
category◆-
-
-

この記事に対するコメント
いつか離れなければいけない時が来ると思っていました。
でも突然だったのでビックリしています。
大丈夫ですか?
前もって心の準備や支度をした上で別居するのと違って、メンタル的な負担も大きいでしょう。
でも幸い、お友達や理解ある弟さん達がいてくれるから、今は自分を解き放つつもりで時間を過ごしてみてください。
今は分かり合えない親子でも、いつかきっと分かり合える時が来ると思うから。
お父様とも少し心が通じた瞬間があったでしょう?
そういう積み重ねが必要なのでしょう。
離れて客観的に見るのも良い経験だと思うよ。


なぎ | 2006/08/09 10:55 AM

BloGirLさん,こんばんは。
俺も,家を出たくて出ました。仕事の関係もあったけど,実際は家から出たくて。
BloGirLさんのご家族も,色々ありましたもんね。
今は,気持ちを優先していいと思います。
ご兄弟が見方になってくれてるわけだし。
でも,無理しないでくださいね。
ひろ | 2006/08/10 12:53 AM

メール なぎさん

コメントありがとうございます。

>前もって心の準備や支度をした上で別居するのと違って、
>メンタル的な負担も大きいでしょう。

なぎさんのおっしゃる通り、
やはり罪悪感がつきまとっています。
両親に対し怒りを覚えつつも、自責している自分がいます。

だけど、両親がもし、これをきっかけにコトの重大さを認識し、
変わってくれたら・・・と願ってやみません。

>離れて客観的に見るのも良い経験だと思うよ。

私も今は頭に血がのぼっている状態なので、
時間をかけながら冷静そして客観的に見られるようになりたいな、
と思います。
なぎさん、ご心配ありがとう。
BloGirL | 2006/08/10 1:44 AM

メール ひろさん

コメントありがとうございます。

>今は,気持ちを優先していいと思います。

ひろさん、優しいお言葉をありがとう。
現在、実は私は悪いことをしたんじゃないかという罪悪感に
つきまとわれ始めたため、ひろさんにそう言っていただけて、
嬉しかったです。
少し気持ちが楽になりました。
BloGirL | 2006/08/10 1:47 AM

BloGirLちゃん、お久しぶりです。
とうとう、家を出られたんですね。
突然家出をするほど、そこまで追い詰められちゃったんですね。
そういう時間もとても大切だと思います。
私もこの前まで上京してたときってほぼ家出状態でしたし。
BloGirLちゃんが家出したことで、ご両親もきっと何か気付くことはあると思います。
罪悪感があるとしても、今のBloGirLちゃん、ご両親にとっても必要なことなんじゃないのかな。
…でも罪悪感に悩まされるほどご両親に変わってもらいたいと思っているBloGirLちゃんはやっぱ心の優しい人ですね。
以前は友達と会うのも辛いと仰っていましたけど
それは今は大丈夫なのかな?
とりあえず、早く心と身体が休めるようになるといいですね。
meg | 2006/08/10 7:41 AM

私も自分の限界と症状が酷くなるばかりで、家をでました(2年前)。 母には前日まで言わずにでした。 大学から下宿していた弟も「あの家では耐えられない」と理解していました。出て、すごくすごく楽になりました。 また帰るまでに一年半かかりました。でもあの時は本当につらくて、でた自分によかったと今でも思います。 もう大人で自由。自分のことは自分で決めてよいのですよ。
なほりん | 2006/08/10 8:53 PM

メール megさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

溜まっていたストレスが、父とのケンカを機に爆発しちゃったみたいです。

>BloGirLちゃんが家出したことで、ご両親もきっと何か気付くことはあると思います。
>罪悪感があるとしても、今のBloGirLちゃん、ご両親にとっても必要なことなんじゃないのかな。

同じような経験をされたmegさんにそう言ってもらえて、
ちょっとホッとできました。
ありがとう。

>以前は友達と会うのも辛いと仰っていましたけど
>それは今は大丈夫なのかな?

旅行から帰ってきて、約1年ぶりに友達と会う気分になれたんです。
体調は良くなっていると思いました。
だけど、ここにきて両親の側にいることが苦しくなってしまい、
それがストレスになったみたいです。

megさん、ご心配ありがとうね。
BloGirL | 2006/08/11 9:30 PM

メール なほりんさん

コメントありがとうございます。

>でもあの時は本当につらくて、でた自分によかったと今でも思います。

なほりんさんも、以前に同じような経験をされていたのですね・・・。

>もう大人で自由。
>自分のことは自分で決めてよいのですよ。

私は1年前に、自分のために生きることを決意しました。
だけど、今回の件で混乱して、そのことを忘れてしまっていた気がします・・・。

私は、私のために生きます!!
なほりんさん、ありがとう。
BloGirL | 2006/08/11 9:43 PM

お久しぶりです。

家出するほど追い詰められていたのなら、家出してよかったと思います。
ただ「遊びたいから」とかそういう理由じゃないってことはよくわかります。

私も兄との折り合いが悪くて家出をし、そのまま一人暮らしに突入しました。

BloGirLさんには弟さん達もいるし、お友達もいるし、なにより「自分のために生きる」と決意した自分がいます。

大丈夫。
暁 | 2006/08/13 9:02 PM

メール 暁さん

コメントありがとうございます。

大丈夫って言ってくれてありがとう。
周囲に巻き込まれている最中は、自分のことを見失いがちなため、
自分自身のSOSに気づいてあげることができませんでした。
今は、やっと「自分自身を守れるのは私しかいない。」
と、思い直すことができました。

これから先、同じようなことがあっても、
今回のことを思い出せたら・・・と思っています。
BloGirL | 2006/08/14 11:17 PM

お久しぶりです!
家出したんだって?さぞ辛かったんだろうね。あまり重く考えず、気分転換くらいの気持ちで捉えたらいいのではないかな?
支えてくれる兄弟、友達がいるしね。
おらは失踪した時、2ヶ月ホームレスやってた。ああ、思い出すだけで辛くなる・・・(>_<)
距離を置いてこそ見えてくる家族像や現状の打開策っていうのもあるだろうし、離れてみるのもいいかもね。有意義な家出になることを願ってますよ。

tomtom | 2006/08/15 12:30 AM

メール tomtomさん

コメントありがとうございます。

とうとう「はじめてのおつかい」ならぬ、
「はじめてのいえで」を強行してしまいました。
今、家出をして一週間が経とうとしています。

tomtomさんは、ホームレス生活を体験されたのですね。
さぞお辛かったと思いますが、
その体験の中で得たものが、きっと今のtomtomさんの糧になっているんでしょうね。

tomtomさんのおっしゃるように、
もう一度両親との距離感を見つめ直したいと思います。
BloGirL | 2006/08/15 6:16 PM

“がまんのしすぎは人を美しくしない”

“ここにいると自分を好きになれない。 だから辞めるの”

私が仕事で悩み続けて結局辞めようと決心したときに励まされた言葉です。
自分が快適なことが大事。
まずは自分。 

数日たってどうですか? ゆっくり休めてあげてくださいね。
なほりん | 2006/08/15 9:48 PM

メール なほりんさん

コメントありがとうございます。

私は以前、自分らしく生きることがどういうことなのか、
よく解りませんでした。
自分が楽しく気持ち良く生きるということだと知っても、
なんとなくその感覚が解りませんでした。
だけど、今なら解る気がします。

一週間経って、以前よりは両親との距離感を見つめ直すことができるような気がします。
今日一時帰宅をします。
その距離感を忘れないように行ってきます。

なほりんさんの言葉に励まされました。
ありがとう。
BloGirL | 2006/08/16 11:52 AM

name:
e-mail:
url:
comments:


   cookie:
この記事へのトラックバックURL
http://blogirlsbravo.jugem.jp/trackback/449
この記事に対するトラックバック
ブログのレンタルサービス JUGEM paperboy&co.

CALENDAR

S M T W F S S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


RECOMMEND

リアル (1)
リアル (1) (JUGEMレビュー »)
井上 雄彦

単なる車イスバスケ漫画じゃない。

ある日突然現れた困難に、
どう立ち向かうのか?
そんなメッセージが、
込められている気がする。
それって、
人間みんなに当てはまることだよな。

絵もスキ。


RECOMMEND

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1
セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1 (JUGEMレビュー »)

友達がハマってるっていうから、
気になって観てみたの。

最初は、下ネタ満載内容に
ちょっぴりひいた・・・。
でも回を重ねるごとに、
登場人物達の心理描写に
引き込まれたんだ。
彼女らに自分を重ねちゃって、
泣きながら観ることも度々。

1話約30分だから、
集中力があまり続かない人にも
オススメ。


RECOMMEND

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ (JUGEMレビュー »)

バラバラになってしまった心と体。
いつか他人がそれを埋めてくれる、
ともがき続けたが、
答えは全部自分の中にあった・・・。

あなたの全てはつながっている。
今はそれに気づいていないだけ。


RECOMMEND

「うつ」を治す
「うつ」を治す (JUGEMレビュー »)
大野 裕

うつ病の本はいくつか読んだけど、
この本は解りやすかった。

うつうつ時って活字を追うのがツライ。
でも現状を何とかしたくて、
本とかめくってみるんだけど、
結構小難しいことや恐ろしいことが
書いてあったりする。
あと、自己啓発方向に走っちゃう内容だったり・・・。

だけど、この本は渦中でも脳みそが
バーストせずに読めたんだ。


RECOMMEND

STYLE BOOK
STYLE BOOK (JUGEMレビュー »)
宮沢 りえ, 伊藤 佐智子

「Santa Fe」時代よりも、
可愛くないか?

彼女の生き生きとした表情は、
私の気持ちを和ませてくれる。

困難を乗り越え、
より一層輝く彼女の姿勢。
私も見習いたいッス!


RECOMMEND

「やせたい」に隠された心?摂食障害から回復するための13章
「やせたい」に隠された心?摂食障害から回復するための13章 (JUGEMレビュー »)
粕谷 なち, 草薙 和美

「そうなの、そうなの!」
私の気持ちを代弁してくれたようで、
泣きながら一気に読んでしまった一冊。

患者の声が沢山掲載されているところが
ウレシイ。


RECOMMEND

木更津キャッツアイ 5巻BOX [DVD]
木更津キャッツアイ 5巻BOX [DVD] (JUGEMレビュー »)

これが私のきつけ薬。

あのハイテンションぶり最高!
キャッツの友情最高!
何回観ても飽きない凝った作り最高!
でも、日本シリーズはイマイチ・・・。




LATEST ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACK


CATEGORIES


ARCHIEVES


LINKS




PROFILE


OTHERS
SEARCH THIS SITE